RECRUITING CONCEPT

  • HOME
  • RECRUITING CONCEPT

エンジニアのキャリアづくりを、
さまざまなカタチでサポートする。

求める人物像

社会変化は猛烈なスピードで「加速」している。ただし、焦る必要はまったくない。2016年、リンダ・グラットン氏は、後にベストセラーとなる「LIFE SHIFTー100 年時代の人生戦略」の中で人間の寿命が100年になると提示した上で、「20代は1ヶ所に腰を落ち着けることなく、幅広い針路を検討する「エクスプローラー(探検者)」であるべきだ」と説いている。もしあなたがまだ取り組むべきテーマを見つけていないのなら、ぜひこの20代の貴重な時間は「多様な経験」を求めて過ごすことを、強く勧めたい。

  • 1 エンジニアとしてキャリアをつくる強い意志を持つ人
  • 2 主体性が高く、自ら動ける人
  • 3 自己コントロール力があり、学び続けることができる人
  • 4 リーダーシップを発揮できる人

社会人学校+(PLUS)

当社は創業8年後の2007年に「社会人学校®」という事業コンセプトを掲げた。

それは、大学卒業後3年間で3人に1人が離職してしまう「雇用ミスマッチ」という社会問題、社会を知らない学生がたった1年で就職先を決定するという「就活システムの歪み」に対する挑戦だった。

20代のうちは当社社員という立場を保持しながら、さまざまな産業分野や職種、仕事の進め方、組織カルチャーを 経験し、30歳くらいに自らの進む道を決めればいい、というこの考え方は今では多くの若者の支持を得るに至った。そして、新型コロナウイルス感染拡大を機に、技術革新や働き方改革のスピードは想像をはるかに超えて急加速した。その中で当社は、新たにアップグレードさせたコンセプト「社会人学校+(PLUS)」を掲げ、一人ひとりのエンジニアが強い意志を持ち、目指すべき自分の未来を見据え、そこにスピード感高く、力強く突き進んでいくことを、これまで以上にアシストする体系を築いていく。

ヒューマンスキル
コーチング

どのような働き方を目指すにしても、それを実現するための根底には強い「ヒューマンスキル」が必要になってくる。当社では、経済産業省が民間有力企業の知見も踏まえて策定した「社会人基礎力」が発表される前から、エンジニアのヒューマンスキル向上の仕組みづくりに着手し、これまで20年間で数億円を投じて「HQ Profile®」という独自システムを開発、ブラッシュアップし続けてきた。同時に、対象の若手エンジニアの9割以上が満足する「ヒューマンスキル研修」も専門部署が毎年改善を加えながら実施し続け、全社として人間力向上のサポート体制を増強している。

FV(フリーランスバリュー)
制度・副業

※FV制度を活用すると、通常処遇体系からFV制処遇体系に変わりますが、1回のみ通常処遇体系に戻ることも可能です。(図はイメージ)

当社は創業当時から「起業家輩出NO.1企業」を目指すことを未来の目標として志向していた。実際に当社 代表の齋藤はすでに23人のスタートアップを支援してきていて、同時に社内でも最先端技術に着目した 新ビジネス構築にチャレンジを続けてきた。そして2020年10月には、当社の正社員エンジニアとして一定の固定報酬や福利厚生などの処遇を維持したまま、個人事業主のように自ら挙げた業績に連動した報酬を得る事のできる「FV(フリーランスバリュー)制度」を導入。また、副業についても許可制ではなく「届出制」とし、報告をするだけで自由に副業ができるようにするなど、より自分らしい働き方ができるアシスト体制を進めている。

「通年入社」制度

例えば、半年は大学に残ってやり残した研究を続け、9月に卒業する方もいるだろう。また、少なくとも3カ月は海外を経験しておきたい方や、働き始める前に何らかの資格取得を終わらせたい方、さらにはボランティア活動をしておきたい方など、いろいろな目的を持って4月以外で働き始めたい方が多くいる。そんな方たちのために導入したのが、新卒と同じ待遇で、7月、10月、1月に入社できる「通年入社」制度である。当社ではすでに4年前から、「秋入社」制度を実施しており、既に数10人が秋からエンジニア人生をスタートさせている。